いつでも Good Feeling

不動産鑑定士試験、不動産・建築、神戸移住、フォトなど。

 

電卓操作と早打ちトレーニング中

鑑定士試験の中で、鑑定理論(演習)という科目があるのですが、この科目は電卓を使って計算することがメインの試験です。この試験では、如何に早く、正確に電卓を操作するかが問われます。

加えて、日々の仕事上でも毎日の様に電卓を使うのですが、私の上司が電卓の早打ちレベルがとても高く、“自分もあれくらいのレベルで電卓を扱えるようになりたい”と日ごろから感じていることもあり、最近、電卓操作をマスターすべくトレーニング中です。

 

電卓の分野でメディアにも多く出ている重原佐千子さんの著書を図書館で借りてきて、自宅にいるときの空き時間でトレーニングしています。

↓ 

重原佐千子の驚速!電卓速打ちテクニック&トレーニング―簿記・税理士・公認会計士試験、就職試験など合格への早道!

重原佐千子の驚速!電卓速打ちテクニック&トレーニング―簿記・税理士・公認会計士試験、就職試験など合格への早道!

 

 

内容としては、

  • 5本指を使って電卓を操作できるようなること
  • 入力操作をスピーディーにできるようになること
  • できればディスプレイをみなくても正確に操作ができるようなること

です。

加えて、

  • モリーキー(「M+」「M-」「MR」「MC」キー)を正しく使いこなせるようになること

という課題にも挑戦中です。

 

私は高校、大学とも工学系でしたので、電卓の操作についてしっかり習得するという機会が今までありませんでした。そんなこともあって、この機会にしっかり習得しておこうと思い、試験勉強と合わせてトレーニング中です。

いくつになっても、“できることが増える”というのはとても嬉しいことです。

 

--今日も素晴らしい1日に感謝!

 

【1日1学 ~昨日の学び】
・先述の“7回読み”勉強法を実施中。