いつでも Good Feeling

神戸移住、フォト、不動産鑑定士試験、不動産投資など。

 

auのiPhoneを格安SIMへするには

最近目論んでいることの1つが、妻が使っているauのiPhone 6SをMVNO仮想移動体通信事業者)の提供するSIM(いわゆる格安SIM)に変えることです。

 

毎月8500円程の費用を要しているので、何とかできないかなと色々調べてはシミュレーションしています。

 

詳細は割愛しますので、下記サイトなどをご参照にされるとよいかと思います。

kakuyasu-sim.jp

 

 

私が使っている ocnモバイルone(OCNが提供しているモバイルサービス)に妻の分も乗り換えたいと思い、今やった場合と来年4月の更新月まで待った場合のシミュレーションをExcelで作ってみました。

 

f:id:hiroshiystory:20170614161422p:plain

表1:現状から必要コストを1年分シミュレーション

 

ネックだなと思ったのは、iPhoneを契約時に端末料金約9万円を割賦支払いにしたこと。

今月時点で4万円の端末代金が残っていました。

 

これを踏まえると、今変更するのと、更新月まで待って変更するのでは、1万円程の差が発生することが分かります。

 

言い換えると、4万円程の端末代金と解約手数料等を一括清算しても、1万円分はメリットが出るということになります。

 

次に、端末代金支払いがない場合を計算してみました。(比較のため)

f:id:hiroshiystory:20170614162320p:plain

表2:端末代金がない場合のシミュレーション

 

4万円の端末代金がない場合は、1万2000円ぐらいの手数料を投資してでもすぐに取り返すことができ、4月時点では5万1000円分のプラスを出すことができる計算です。

これは大きい、、、

 

今となっては、なんで最初からSIMフリーiPhoneを買って、格安SIMで利用する形態にしなかったんだろうと思うのですが、仕方ない。これも学びです。

これを踏まえてどうするか検討しようと思います。

 

--今日もすべてのことに感謝です。