いつでも Good Feeling

不動産鑑定士試験、不動産・建築、神戸移住、フォトなど。

 

受かった後のことをイメージする

f:id:hiroshiystory:20170118225112j:plain

 

不動産鑑定士試験勉強に邁進中です。

 

社内で事務方の部署に所属していながら昨年CFPに合格した方がいらっしゃるのですが、その方の合格体験談が印象的だったので、ここに書いておきます。

 

ポイントは2つ。

 

  1. どんな時も常にテキストを持ち歩き、確認する
  2. 受かった後の自分や受検することにした動機を常にイメージする

 

1つ目の「どんな時も常にテキストを持ち歩き、確認する」というのは、家族と映画を見に行ったり、子どもと一緒に公園に行ったときでも、テキストやメモを持ち歩き、暇があれば確認するようにしていたとのことです。

ほんのわずかな隙間時間も見逃さず、勉強にアンテナを張ることなんですね。

私はまだまだ甘かったです。。。

 

2つ目の「受かった後の自分や受検することにした動機を常にイメージする」は、そのとおりで、資格取得が目的ではなくあくまで通過点。その先に自分の目指す活躍の場が待っているのだから、それをイメージする(妄想する)ことで情熱の炎を絶やさないということなんですね。

 

そんなこんなで、合格したかったらとにかく勉強しろということですね。はい、勉強します!

 

---今日もすべてのことに感謝です。