読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸、そして人生を味わい尽くす

2015年に東京から神戸に移住。神戸及び兵庫県を楽しみながら自分らしく生きようとする奮闘記。

「好きなこと」のもつパワー

年末年始、まとまった時間を作りやすいこの時期に読書をするのが私の楽しみの1つです。

まだ読んだことのない新しい本を読むのも1つですが、何度も読み返している本をまた読み返すのも、また新たな学びや発見があって好きです。

 

このブログでも何度かご紹介している本田健さんの著書「ユダヤ人大富豪の教え」をまた読み返しました。この本は私にとって本当に良書です。

f:id:hiroshiystory:20160920105249p:plain

 

今回読み直して、改めて“そうだなー”と思った個所の1つは、

「好きなこと」のもつパワーについて。

 

「好きなこと」をしていると、どんどんパワーが湧いてくる。また、いろんな不思議な出会いを体験し、チャンスが次々とやってくる。いわゆる『ついている』状態になる。その流れに乗っているだけで、人生が導かれているように感じるはずだ。波に乗ると、人生がどんどん展開していく。そうすると、自信も沸き、勇気も出てくる。多少のリスクならやってみようじゃないかという気分になる。これがまたいい循環を呼ぶんだよ。

 

という一節があります。

 

私も含めて、大人になるとついつい、“周りに期待されている事”や、“収入につながること”、“得意なこと”を優先しがちです。

でも、本当に好きなことをやっている人から湧き出る熱気や楽しさというものは、自然と分かるし、その逆もしかりなんですよね。

 

そして、次の一文もグッときました。

 

子どもにしてやれる最大の贈り物は、自分が好きなことをやって生活する姿を見せることだよ。自分の才能を自由に社会と分かち合い、豊かな人生を生きる姿は子どもにとっての最高のプレゼントとなるだろう

 

好きなことだけやって生活を成り立たせるというのは、誰だって最初からできるものではなく、徐々にできてゆくものなのかもしれません。

例えば、ブロガーとしてブログからの収入だけで十分生計を立てている人が沢山いるように、徐々に積み重ねていけば、大抵の場合は、好きなことだけでやっていけるようになるんだろうなと。

そういう小さなことでも自分自身の内なる声に耳を傾けながら、自分の人生の方向性を都度都度定点観測することの重要性を、改めて認識できたような気がします。

 

帰省ラッシュのニュースがあちこちで言われていますが、大勢の人が移動するこの時期には、あえて移動せず、ゆっくりコーヒー片手に読書する生活、大好きです♪

 

--今日もすべてのことに感謝です。

 

 

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)