読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸、そして人生を味わい尽くす

2015年に東京から神戸に移住。神戸及び兵庫県を楽しみながら自分らしく生きようとする奮闘記。

現状をしっかり認識しよう ~2016年を振り返って~

あっという間に大晦日です。

年末らしいことが何一つできていなかったのですが、なんとか自宅の大掃除を行い、玄関にしめ縄をつけることができました。(ギリギリでしたが、、、)

 

昨年の秋に、それまで7年ほどやっていた自営業から一旦撤退することを決意し、数少ない案件処理を行いつつ、転職活動をしました。

自営業時代にも何度か日銭稼ぎのためにアルバイトをやったことがありましたが、久しぶりの正社員としての就職活動に、若干苦戦しつつも奇跡的なご縁をいただき、今の不動産鑑定士事務所への入所に至りました。

まさか自分が不動産鑑定士への道を目指すことになるとは、1年前は1ミリも思っていなかったため、改めて人生の面白さ、醍醐味を感じた1年でした。

 

そこで、自営業から会社員に戻ってみて感じたことをまとめてみました。

 

自営業から離れてみて良かったこと

  • 営業、経理、総務、人事などの業務をほぼ全部自分でやらなければならなかった状態から解放されたこと。
  • 毎月毎月の資金繰りに常に気を付けていなければならない状態(=常にお金の心配をしている状態)から解放されたこと。
  • 会社員というのは、マイナス要因もあるが、社内のリソース(仲間、環境、モノ、お金、実績、信用など)を最大限使わせてもらってそのビジネスに参加できる。
  • ビジネスの仕組みを学べる。
  • 専門分野のノウハウを学べる環境がある。
  • 自分の成果が乏しくても、最低限の休日が確保できる。(自営業の場合は24時間265日仕事モードになっていました。)
  • 同じ目標に向かって走る仲間の存在。(これ、とても大きいです。)

 

離れてみて感じた自営業の良さ

  • 意思決定がしやすい。
  • 売上が上がればその分、自分の取り分(給与)を大きくできる。(株式会社だと役員報酬は基本一定ですが)
  • 所得税などを計画的に節税できる。(合法的な範囲で経費にするなど)
  • 勤務時間が自由に設定できる。(その分自分の生活を律する精神力が求められます)

 

これはどちらが良いか悪いかではなく、それぞれに特徴があり、一長一短だと思います。

私の場合は、トップとして先頭を走るより、参謀としてトップの脇を固める方が好きであり、得意なんだなということも、一匹狼状態を続けててきた中で分かりました。

 

また、なんといっても事業主にならなければ分からないような経験をたくさん積むことができたことが、何よりの財産となりました。

 

稼ぐための方法やチャンスは世の中に数えきれないほど存在します。

でも、私が20代~30代前半で経験した苦い思い出、失敗経験、苦労の数々は、代替えがきかない財産なんじゃないかなと思います。上手くいった経験より、上手くいかなった経験の方が、何年経ってもしっかりと覚えているから不思議です。

 

人生は学びの連続。

おそらく70代、80代になってもそう思うんだろうなと思います。

 

去年のお正月に立てた収入や資産管理目標には、全然至りませんでしたが、それも100%自分が原因であることをしっかりと認識し、成果が出なかった結果にも目をそらさずに向き合っていきます。

 

みなさま、良いお年をお迎えください。

今年もすべての出来事と関わっていただいた多くの方々に感謝致します。

 

f:id:hiroshiystory:20161231190239p:plain