いつでも Good Feeling

不動産鑑定士試験、不動産・建築、神戸移住、フォトなど。

 

自分を知り、相手を知ること

f:id:hiroshiystory:20160609011044j:plain

歴史から学ぶ ~孫子兵法書より~

“彼を知り己を知らば、百戦殆うからず。

彼を知らずして己を知らば、一勝一負す。彼を知らず己を知らざれば、

戦う毎に必ず殆うし。”

 

有名な孫子兵法書に書かれている一説です。

 

相手の状況を十分に把握し、自分たちのことも十分に把握していれば、100回戦っても危なげなく戦える。

相手のことを十分に把握しなていなくとも、自分たちのことは十分把握していれば、勝敗は五分五分となる。

相手のことも、自分たちのことも十分把握できてなければ、いつも必ず危険な目に合うことになる。

 

そんな意味で書かれています。

 

これは何も“戦い”に限ったことではなく、ビジネスや日常生活でも十分当てはめることができます。

 

私がこの言葉を人生の先輩から教えていただいたのは、もうかれこれ5年以上前になります。

 

この言葉は、座右の銘に匹敵するほど、何かあるたびに思い出して、自分を見つめる機会を与えてくれています。

 

まずは“自分のこと”を十分に知り、分析することで、ようやく50%の勝率になるのです。

 

“分かったつもりになっていないか?”

“相手のことは十分に把握しているのか?”

 

これは、簡単なようで本当に奥が深いです。

このことが疎かだったために、失敗したり、達成したかったことが未達成に終わったことが何度もありました。

これは永遠のテーマと言っても過言ではないです。

 

--今日もすべてのことに感謝です!

 

参考図書

小さな会社こそが勝ち続ける 孫子の兵法経営戦略 (Asuka business & language book)

小さな会社こそが勝ち続ける 孫子の兵法経営戦略 (Asuka business & language book)