読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつでも Good Feeling

神戸移住、フォト、不動産鑑定士試験、不動産投資など。

神戸は広い!神戸市北区

f:id:hiroshiystory:20160604212237p:plain

 

最近、業務にて神戸市北区を訪問する機会がちょくちょくあります。

写真は先日、北区有野地区にて見かけた田植え直後の田んぼ風景です。

もう田植えのシーズンですね。

 

 

神戸市はとても広く、その中でも北区の面積は約240k㎡あり、大阪市の約225k㎡を上回っています。

<データ参考元>

【区】人口・面積・人口密度ランキング

【市】人口・面積・人口密度ランキング

 

地元の方と会話する際に、最低限の知識は身に着けておこうと、まずはウィキペディアで北区の概要や歴史を調べてみました。

 

神戸市中心部が人口収納能力に限界であったため、後背地を合併して兵庫区に編入され、1973年(昭和48年)8月1日に兵庫区から人口増加のために分区された。分区当初の人口は116,739人であったが、神戸電鉄の沿線に沿って古くからベッドタウン化が著しく、人口増加が長期にわたって続いたため現在の人口は分区当初の約2倍に達し、神戸市では西区に次いで人口が多い。

面積は神戸市全体の約44%を占めるが、面積のほとんどが農村・山林であり、神戸市の区の中では人口密度が最も低い。特に北部の旧有馬郡および淡河町の地域は北神と呼ばれる。

 ウィキペディアより引用

 

もともとは兵庫区だったが、人口増加に伴って北区に再編され、長期に渡って人が多く移り住んだことが読み取れます。

 

ただ、とても広く、多くの山林や田園風景があるために、ニュータウン地区を除くと、本当に神戸市かと思うくらい、阪神間地域とは別世界が広がっています。

 

まだまだ私の知らない神戸があるなと実感する日々です。

 

--今日もすべてのことに感謝です!