読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつでも Good Feeling

神戸移住、フォト、不動産鑑定士試験、不動産投資など。

保険の話 ~お金を払ってお金を用意する~

ちょっと目に留まった記事なのでご紹介

 

宝くじは買わなくても、がん保険には入る人の心理

 

style.nikkei.com

 

“保険”というのは、社会人になってから、しょっちゅう目の間に現れてくる奴です。

保険会社や保険代理店業をされている方とも、しょっちゅうお会いします。

私が結婚するときも、義理の母から「生命保険は入りなさいよ~」って、何故か勧められました。f^^;

限られた収入を、より有意義なものに使いたいと私は常に思っていますので、“保険のために稼ぐ”というのは、どうも腑に落ちませんでした。

そんな中で、この記事の著者、後田亨さんの意見はとても興味深いです。

 

「何が言いたいのかというと、ある確率で受け取ることが見込まれるお金に対して、いくらお金を払うのかという問題を、宝くじの話にして伝えると『バカバカしい』と相手にされないのに、がんに備える物語にすると『ちゃんと備えなければ』と感じる人が増える、ということです」

 ガンになる確率が向こう10年間で2%だったとしても、保険会社が一生懸命考えた広告によって、“ちゃんと備えなければ!”ってなる人間の心理って、興味深いな・・・と思います。

 

 

f:id:hiroshiystory:20160122225833j:plain

 

--今日もすべてのことに感謝です。