Good Feeling Note

残そう。Good feelingな瞬間を。

【メモ】お金を受け取ることへの抵抗をなくす

自分のビジネスを振り返って

自営業を初めて約6年。

正直、自分自身が思っていた(目指していた)程の結果を出せたかというと、全く出せていません。

その原因は・・・

  • ビジネスモデルが悪かった?
  • 営業方法やタイミングが悪かった?
  • 事業計画が甘かった?
  • 資金調達が上手くなかった?

などなど、色々な原因が想定できますが、1番の原因が最近分かりました。

上記のビジネススキル的なことではなく、私自身にお金を受け取ることへの抵抗があったからです。

商売人としてこれは致命傷です。

でも、フリーランスとして働いている方にも、同じような「受け取ることへの抵抗」を無意識に持っている方、意外と多い気がします。

受け取ることへの抵抗を取り除くところから

商売においての「売上」とは、自分(自社)が提供した物やサービスに対する対価です。

自分が提供した物やサービスに対して正当な対価を受け取ることそれ自体は当然のことです。

その「受け取る」ということに私自身、小さいころからの親の教育や家庭環境、これまでの人生経験から、知らず知らずの間に“抵抗感”を持っていたことが分かりました。

 

私の親は昔から、親戚や近所の方からお祝いやお土産などをいただいた時にはいつも、

“これはもらいすぎだ”

“こんなにいただいたら、それなりのものを返さなければいけない”

“これはもらえない”

などと、感謝の気持ちよりも受け取ることへの抵抗感や申し訳なさにフォーカスして発言していました。(今でもそうです。)

 

その影響もあってか、私自身も商売人でありつつも、

“こんな金額を受け取るのは申し訳ないな・・・”

“これはもらいすぎだな・・・”

など、意識的ではないながらもこのような思考に陥っていました。それでは当然ながら、いくら頑張っても薄利多売の商売しかできません。

 

自己肯定感を持ち、今ある豊かさに感謝し、楽しむ

自分自身を肯定し(認めて)、今ある豊かさや得られる対価に感謝し、素直に受け取ること。つまり、お金を受け取ることへの抵抗をなくすことが大切だと分かりました。

そして、その豊かさを楽しんでいれば、必ずやそれが収入や物質的豊かさにリンクします。それあってのビジネススキルであることを、私は最近まで勘違いしていたのかもしれません。

引き寄せの法則を本気で学び出した今だからこそ、ストンと理解できました。

こういう風に気づかせていただいた方々に感謝です。