いつでも Good Feeling

神戸移住、フォト、不動産鑑定士試験、不動産投資など。

 

【21回目の神戸ルミナリエへ】

人生初のルミナリエ

 

先日、初めて神戸ルミナリエを見に行ってきました。

全てLEDで飾りつけされているという電飾は、やはり現地で見ると圧巻でした。

 

そもそもルミナリエって何?

私もあまり知らなかったのですが、1995年の阪神・淡路大震災で亡くなった多くの方々の鎮魂と復興・再生を願って95年12月から始まったものです。

 

神戸ルミナリエ』は、阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めるとともに、都市の復興・再生への夢と希望を託し、大震災の起こった1995年の12月に初めて開催しました。
以来、神戸ルミナリエは震災の記憶を語り継ぎ、都市と市民の「希望」を象徴する行事として、毎年開催しています。
今年、2015年で21回目を迎える『神戸ルミナリエ』。
神戸の冬を彩る荘厳な光の芸術作品をぜひご覧ください。

 神戸ルミナリエ公式サイトより

 

入場料もなく、三宮の中心部の道路に作品が設置されています。

 

http://www.kobe-luminarie.jp/pic/r-map2.gif

 

順路と交通規制ページより:http://www.kobe-luminarie.jp/cont-10.htm

 

電飾を見るだけは、なかなか95年の震災をイメージすることは難しいですが、東遊園地(公園)では慰霊と復興のモニュメントがあり、震災を経験されたであろう方が手を合わせるシーンも見受けられました。

私も95年の震災では小学生でしたが、大きな揺れを経験した時の様子は今でも鮮明に覚えています。

今こうして神戸に住んでいることも何かの縁だと思いますので、こうやってルミナリエへ足を運び、震災があった事実と向き合えたことに意義を感じました。

 

ルミナリエは入場料がなく、募金や協賛で成り立っていることも初めて知りました。震災を忘れず、神戸がここまで復興・発展できたことへの感謝の気持ちも込めて、私も募金してきました。

ルミナリエは13日まで開催されていますので、お近くの方はぜひ足を運んでみてください。

 

参考

神戸ルミナリエ

広告を非表示にする