いつでも Good Feeling

不動産鑑定士試験、不動産・建築、神戸移住、フォトなど。

 

関西圏での交流型賃貸マンション

f:id:hiroshiystory:20170706224835j:plain

 

最近、初めて出会った数社の不動産管理会社にて、

“交流型賃貸マンションをやり始めたんだよ”

とか、

“交流型賃貸マンションに興味を持っている”

というお話を聞くようになりました。

少しずつですが、供給側が興味を示すようになってきているような気がします。

 

東京都心のように賃料がとても高い地域では、中古戸建て住宅を活用したいわゆるシェアハウスの需要が高いのですが、賃料が比較的低い関西圏では戸建て住宅の中を区割りしてシェアハウスにするスタイルよりは、既存マンションを活用した交流型賃貸マンションの方が需要に即しているのかなと思うようになりました。

人の集まる“場”がある住居スタイル

表現の仕方がシェアハウスであろうと交流型賃貸マンションであろうと、人の集まる場が自然とできるように設計された住居スタイルがもっと日本に浸透し、現代版の“ご近所付き合い”が自然と行われることで、一人ひとりの価値観や世界観が広がるような地域社会になったらいいな~と思います。

そんなビジョンに向かって、一歩一歩進んでいきます。