いつでも Good Feeling

不動産鑑定士試験、不動産・建築、神戸移住、フォトなど。

 

【定期賃貸借契約を導入するメリット】

不動産賃貸借契約は2パターンある

不動産(建物)を借りるときの契約として、主に下記の2種類があります。

  1. 普通賃貸借契約(普通借家契約)
  2. 定期賃貸借契約(定期借家契約)

それぞれの特徴と違いは、別途ご紹介するとして、下記をご参照ください。

www.fudousan.or.jp

 

定期賃貸借契約のメリット

シェアハウスでは、一般的に2の定期賃貸借契約が用いられることが多いです。

その理由は、下記のようなメリットがあるからです。

  • 契約期間が自由に決められる(1年未満の契約も可)
  • 期間満了によって、自動的に契約を終了させることができる=強制的に明け渡しを要求することができ、周囲に迷惑をかける不良入居者との契約を比較的簡単に終了できる。
  • 優良入居者とは再契約を締結することで、長く入居してもらうことも可

 

それに加えて、次のメリットもあるなと最近気づきました。

  • 再契約締結時に、必ず入居者と書面のやり取りをすることができ、同時にアンケートの協力依頼ができ、ほぼ100%回収することができる

 

一般的なマンション・アパートでは、1の普通賃貸借契約が用いられています。

そのため、基本的には自動更新となり、入居者と貸主が書面で必ずやり取りをすることがなく、いざ入居者の声を集めたいと思っても、ハードルが高くなります。

賃貸経営では、定期的に入居者の声(満足していることも、不満も)を拾うことが大切です。

そういう意味でも、定期賃貸借契約の導入が有効的であると言えます。

 

/////////////////////////////////////////////////////////

【編集後記】

本日は取引先の紹介で、稼働率50%程度でずっと停滞しているというアパート3棟の視察に行ってきました。潜在的な魅力を多少なりとも持っていて、磨けば光るように感じました。これから詳しく市場調査します。

【昨日の1日1新】

人生で初めて大阪の京橋へ足を運びました。

/////////////////////////////////////////////////////////

■お問い合わせ

シェアハウス運営管理、シェアハウスアドバイザー(賃貸経営顧問)のお問い合わせ

お問い合わせフォーム