神戸、そして人生を味わい尽くす

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸、そして人生を味わい尽くす

2015年に東京から神戸に移住。神戸及び兵庫県を楽しみながら自分らしく生きようとする奮闘記。

【宅地建物取引士 受験申込】

【02.不動産投資家への道】

受験申込書

過去2回受けていずれも落としてしまった宅建。。。

今年から名前が変わりました。

 

<今まで>

宅地建物取引主任

<今年から>

宅地建物取引主任

 

“者”から“士”に変わり、晴れて(?)士業の仲間入りです。

 

賃貸管理業のみですと、この宅建資格はなくてもいいのですが、基本的な不動産に関わる法律を知っていることを示すには保有しておいた方が受けがいいです。

また、数年以内にはCPM(Certified Property Manager=不動産経営管理士)の取得を目指していますので、そのために宅建取得は必須なのです。。。

資格を取りたいというよりは、賃貸経営に関する投資的視点と運用的視点から適正な判断ができるようになり、それを地域の不動産オーナーやこれからオーナーになりたい人へ還元できるようになりたいなと思っています。

(もちろん僕自身もしっかりと利益を生み出せる不動産オーナーになるために)

 

そのためには今年は何としてでも合格せねば、、、汗

 

ということで、このブログでも宅建試験に出てくる内容から身近なものをピックアップして、時々紹介していこうと思っています。不動産オーナーだけでなく、賃貸物件に入居する方でも、意外と知らずに業者の言うがままに契約書にサインしている事、結構あります。

 

f:id:hiroshiystory:20150724205749p:plain

 

参考サイト

一般財団法人不動産適正取引推進機構 (宅建試験について)

IREM JAPAN (CPMとはどのような制度なのか?)

 

//////////////////////////////////////////////////

昨日の1日1新

築40数年の木造賃貸住宅の自宅にて、外から害虫が入らないように網戸や木戸のすきまをクッション性のテープで埋める作業を実施。

////////////////////////////////////////////////