いつでも Good Feeling

不動産鑑定士試験、不動産・建築、神戸移住、フォトなど。

 

【神戸のおすすめスポット探索】神戸の中心部を走るフラワーロード

神戸市の中心部の歩道や道路上には、多くの花壇を目にすることができます。

f:id:hiroshiystory:20150623140543j:plain

 

f:id:hiroshiystory:20150623140713j:plain

 

これは、中心部である三ノ宮駅を南北に走る県道30号新神戸停車場線の愛称である"フラワーロード”の様子です。

その名のとおり、花がたくさん植えられている道です。

f:id:hiroshiystory:20150623151541j:plain

 

歴史

なぜフラワーロードという名前の道ができたのか調べてみました。

フラワーロードの全区間において、明治時代初期までは、生田川の水路であった。神戸開港に際しての条件とされた外国人居留地の整備に際し、天井川であった生田川の治水対策が急務として生田川の付け替えが行われた[2]。旧生田川の水路は道路として整備され、さらに戦後になって歩道および中央分離帯に花を植えるようになったことや花時計が誕生したことなどから「フラワーロード」と命名された。

ウィキペディアフラワーロード」より一部引用 

 

なんと、明治初期までは川の水路だったようです!それが今では神戸中心部のメイン道路となっているんですね!?

 

↓神戸市役所の隣には、このような大きな花時計があります。

f:id:hiroshiystory:20150526170019j:plain

 

↓右手に神戸市役所を臨むフラワーロード

f:id:hiroshiystory:20150526151856j:plain

 

都市部でも緑だけでなく、花まで綺麗に整備されているのも、神戸ならではの魅力です。

 

今回のスポットの場所はこちら!

f:id:hiroshiystory:20150719223350p:plain

 

 

/////////////////////////////////////////

昨日の1日1新

阪急線で大阪梅田へ。

学生時代に1ヶ月間インターンシップで通勤した十三(じゅうそう)駅を12年ぶりに通過。懐かしい!

///////////////////////////////////////