読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸、そして人生を味わい尽くす

2015年に東京から神戸に移住。神戸及び兵庫県を楽しみながら自分らしく生きようとする奮闘記。

【満室経営=収益の最大化とは限らない】

「満室」というキーワード

不動産賃貸経営において、あらゆるところで聞かれるワードが「満室」という言葉です。

賃料を下げてでも、キャンペーンをやってでも、「満室」にすることで貸主の収益が最大化されるというセオリー。

私も、これまで多方面でお世話になった業界の先輩方から、「満室にすることの重要さ」を何度も教わってきました。

 

満室にすることが、収益を減らすこともある

最近、戸数の多いマンション管理業務を受託するにようになって学んだのは、満室することだけが、収益を最大化させる訳ではないということです。

 

「満室」ではなく「NOI(営業純利益)」を考える

例えば、空室1室を満室にするためのコストが100万円かかる場合、100万円のコストをかけて、3ヶ月で空室を満室にするよりも、現在入居中の各部屋の古びた設備を合計30万円で修復することができ、入居者満足度が向上し入居期間が2年伸びた方が収益が最大化されるというケースがあります。

NOI=Net Operating Incomeの略で、賃料収入から経費(販売管理費、固定資産税など)を引いた金額で、純粋な収益額を指します。

NOIを考えることで、賃料×戸数だけでは分からない“収益の実態”が見えてきます。

 

満室にすることに注力しすぎて、収益を減少させては本末転倒ですね。

賃貸経営って、それぐらい奥が深いです。

 

////////////////////////////////////////////////

昨日の1日1新

神戸に移住してからの初めての台風直撃。

///////////////////////////////////////////////