いつでも Good Feeling

神戸移住、フォト、不動産鑑定士試験、不動産投資など。

 

【不動産管理会社って、なにやってるの?】

“不動産管理って、何をやる仕事ですか?”

こんな質問を、不動産業界に関わっていない方から時々受けます。

確かに、私生活では直接関わる機会が少ない仕事です。

細かく見ていくと、様々な事例がありますが、下記に、よくある賃貸不動産の体制図をまとめてみました。

 

f:id:hiroshiystory:20150707233455p:plain

 

オーナー=貸主

不動産を所有している人です。貸主(かしぬし)とは、「貸す人」を指します。よく“大家さん”と呼ばれる方たちです。

 

入居者=借主

建物を借りて、入居する人です。借主(かりぬし)と呼ばれます。オーナと、建物賃貸借契約を締結します。よくある、入居時の契約書です。

 

管理会社(PM)

図にあるとおり、オーナーから委託されて、契約書の管理、家賃の回収や管理、入居者窓口対応などを実施します。オーナーに代わって、入居者との契約関係の管理を行ったり、その建物を守っていく役割を担います。この仕事が、一般的によく言われる「不動産管理」の仕事です。

PMは“プロパティマネジメント”の略で、“資産を管理する人”という意味です。

 

管理会社(BM)

マンションやビルの清掃、設備メンテナンスに特化して行う不動産管理会社です。

BMとは、“ビルマネジメント”の略です。大きなマンションや、ビルの場合には、このように、同じ不動産管理でも、入居者対応に重点を置いたPMと、設備管理に重点を置いたBMにそれぞれ役割分担されます。

小さなアパートや貸家などでは、PMとBMが同じ会社(人)で行うケースもあります。

 

仲介会社

よく“街の不動産屋”と言われるのが、仲介会社です。駅前を中心に店舗を構えて、お部屋探しを一緒にしてくれます。

 

以上、1つの賃貸物件(マンション、アパート、貸家)を維持していくためには、こんなにも多くの関係者が絡んでいます。細かく見れば、もっと多くの人が関係しています。

 

世の中には、大家さん=オーナーが自分で不動産管理業をされている方もいらっしゃいますが、大半の大家さんは、不動産管理会社に管理を任せています。

 

それはどうしてか?

 

答えは簡単。不動産を管理することは、専門的でとても難しく、手間がかかることだからです。

そんな仕事が、不動産管理です。

 

///////////////////////////////////

【昨日の1日1新】

(1日1つでも新しい発見や学びを意識して得ようとする自分への課題です。)

物件巡回中に立ち寄った東灘区で人気の定食屋

//////////////////////////////////

広告を非表示にする