読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸、そして人生を味わい尽くす

2015年に東京から神戸に移住。神戸及び兵庫県を楽しみながら自分らしく生きようとする奮闘記。

【シニア世代のためのコミュニティ賃貸】

【02.不動産投資家への道】

日本の人口分布図を時々目にします。

とてつもない速さで高齢化が進んでいる国が日本です。

http://www.stat.go.jp/data/nihon/img/g0402.gif

リンク:総務省統計局Webサイト

統計局ホームページ/日本の統計−4 我が国の人口ピラミッド

 

この人口分布は、この先大きく変わることのない事実。

それを踏まえて私は最近、本業の傍ら介護福祉の現場に顔を出すようにしています。高齢者が増えるということは、今まで以上に‟シニア世代の生活スタイルの多様化”が進むと思っているからです。

子どもや孫、近所で年老いた親の面倒をみていた時代は終わり、‟独居”とよばれている一人暮らしをする高齢者がどんどん増えている様に感じます。

そんな時代だからこそ、ゆるやかな横のつながりのある賃貸住居が役に立つのではないかと思います。

 

‟シェアハウスって若い単身者のもの”という概念は、もう過去のものとなりつつあります。

実際に、弊社管理のシェアハウスでも、40代~50代の方は既に何人かいらっしゃいます。今後は、60代の方の需要も出てくるのではないかと予想しています。

 

江戸時代の長屋にあったようなコミュニティ賃貸住居。

現代の超高齢化社会においてもっと普及させていきたいなと思っています。

日々一歩一歩前進あるのみですね。