いつでも Good Feeling

神戸移住、フォト、不動産鑑定士試験、不動産投資など。

 

【シェア住居を求めているのは若者だけではない】

50代の方をご案内

弊社運営中のシェア住居に、50代女性の方に内覧にお越しいただきました。

弁理士を目指して現在勉強中の身だということで、都心部のアクセスの良いところで、できるだけ賃料を抑えた生活拠点を構えたいとのことでした。

だからと言って、“安かろう悪かろう”の狭小シェアハウスは嫌だから、慎重に探しているとのこと。幸いにも、弊社の物件はとても気に入っていただきました。

誰しもが悩んでいる?住居のあり方

この仕事に関わるようになって感じることの一つとして、老若男女問わずに、“住居”のあり方について、課題や悩みを抱えている方が多いという事があります。

シェア住居に限らず、一人暮らしの部屋探しから一戸建ての購入や売却、家族の増減によるミスマッチ、相続問題などなど。

シェア住居というと20代~30代世代が中心ですが、50代以上の方(とりわけ介護を必要としない方)の“住み方需要”にも答えられるような体制にもしていきたいなと感じたエピソードでした。

広告を非表示にする