いつでも Good Feeling

不動産鑑定士試験、不動産・建築、神戸移住、フォトなど。

 

【大学生に蔓延する“コピペ”の実態という話題から】

“コピペが蔓延している?”

3月27日(木)●大学生に蔓延する“コピペ”の実態 | TIME LINE-今日のニュースと考えるヒント - TOKYO FM 80.0MHz

移動中に聴いていた東京FMの「Time Line」という番組でこんなテーマが扱われていました。

大学生の論文に代表される「レポート」において、“コピペ”(コピーアンドペースト)を繁用した文書が多くなっているというもの。

「引用」と自らの「意見」や「検証」、「解説」の区別をつけられない人が増えていることからくる社会現象ではないかと思います。

引用してよい情報(引用した方が説得力が出る情報)と、自身の意見や想い、提案内容との違いを理解し、使い分けること。これはアウトプットを反復することで見つけられるものです。

インターネット環境が普及し、容易に情報収集できる時代に沿った「表現する方法」や「問題解決策を見出す方法」を、大学に限らず小・中・高校の授業で教えればいいのではと思います。

そういう視点では、こうやってBlogという形で文章をアウトプットすることも、一つの訓練になってる気がします。

 

合わせて読みたい