Good Feeling Note

残そう。Good feelingな瞬間を。

【Skypeの活用】

弊社では、地方在住者や海外在住者から現地内覧をせずに直接入居申込をされる方に対して、必要に応じて入居審査の一環としてSkypeを利用した電話のやり取りを行っています。

特に、外国人の場合は、メールのやり取りだけでは人柄や日本語での会話レベルが図りにくいため、直接声を聴いたり、カメラと動画機能を利用して顔を見ながら話をすることで、相手の人柄を把握することができます。

それによって、シェア住居にて起こりがちな入居者同士のコミュニケーションが取れない(取りにくい)事でのトラブル原因を抑えることができます。

100%その人の人柄や人格を判断することは不可能ですが、少しでもコミュニケーションの接点を増やすことが、円滑な賃貸経営のキーになっていることは確かです。

IT化が進んでいる現代だからこそ成せる技なのかもしれません。

 

f:id:hiroshiystory:20140107160004p:plain