いつでも Good Feeling

神戸移住、フォト、不動産鑑定士試験、不動産投資など。

 

【顔文字を当たり前の様に使う若者たち】

入居問い合わせ者とのやり取りを行っております。

インターネット環境やスマートフォンが普及し、
今や小中学生でもスマホを操作している時代。

それに伴い、メールを使った連絡方法の品質が低下しているように思います。

入居の問い合わせ時などは、当然会ったこともない相手とやり取りをするにも関わらず、
メールに顔文字を多様してくるケースが増えています。

友達にメールする感覚で問い合わせをしてきているのかな?と、
いつも疑問に思います。

また、内覧時において、約束の時間に遅れる場合や急に都合が悪くなった場合でも、

「すみません。遅れます。m(_ _)m」

とか、

「日程を変更していただいていいですか?m(_ _)m」

などと、待ち合わせ30分前にメールのみで連絡してくるケースがあります。

新社会人時代、IT関連会社にてビジネスメールの書き方やアポイントの取り方、
時間に遅れるときの対応等について、上司や先輩から何度も厳しい指導を受けた私としては、
理解し難い対応です。

環境が変われば人も変わるのが常。

それも踏まえて柔軟に対応していかなければ、賃貸経営は成り立たないのかな…と
思う今日この頃です。

広告を非表示にする