いつでも Good Feeling

不動産鑑定士試験、不動産・建築、神戸移住、フォトなど。

 

【人間関係と会話〜入居者トラブル対応より〜】

シェアハウス運営を行っていると、様々な入居者間トラブルの対応を行います。

私生活(Private Life)と共用(Private Use)の境目が人によって様々で、
どこまで許容するかで接し方が変わります。

そして、大抵のトラブルは、各人の許容範囲の違いとコミュニケーション不足
(具体的には会話不足)からくるものであるように思います。

ある程度会話を重ねてお互いの事を知っている間柄なら、
少々許容範囲を超えたライフスタイルであっても、
不思議と許せるものなんでしょう。


それが、ほとんどまともな会話をしていない間柄だと、
 「あの人のあの行動は耐えられない!」
となってしまいます。

そしてそれは年齢が高いからしっかりと会話ができるというものでは
ないのでしょう。

19歳の大学生でも周りを見てしっかりと会話を重ねている人もいれば、
50代の方でも人見知りでなかなか会話が出来きず、他人との共生が
難しい方もいらっしゃいます。

共通して言えるのが、人間関係作りがうまい人は、先に自分の心を開いて
相手に接し、相手の心の声を聴きだせる人である点。


人間関係というのは実に奥が深いなと、いつもながら感じます。