いつでも Good Feeling

不動産鑑定士試験、不動産・建築、神戸移住、フォトなど。

 

【建築基準法適応と市場の現状】

先日9月6日付けで国交省が発表したシェア住居における建築基準法違反対策。

違法貸しルーム対策に関する通知について


この発表以前から、パートナー建築事務所や不動産関係者、行政窓口と
度々情報交換しています。

市場が拡大してくるにつれて規制を強めていく必要が出てくるのは、
どこの業界でもあることだと思います。

しかし、市場の実態に即した規制であってこそ効果が出るもの。

築20年以上の空き家が増えており、市区町村レベルで空き家活用を促している中で、
空き家の実態から大きく外れた規制を打ち出す省庁の対応は、果たして今後の
賃貸住宅市場にプラスになるのかと考えさせられます。

一経営者としては、市場の変化、法律や条例の改正、現場の状況等を常に察知しながら、
事業を成長させる行動を取るのみだなと改めて実感させらます。

日々精進です・・・。