いつでも Good Feeling

不動産鑑定士試験、不動産・建築、神戸移住、フォトなど。

 

【ファンド会社勤務の公認会計士】

本日、知人が運営するシェアオフィスのランチ会にご招待いただき、
約2時間、オフィスの共有スペースで様々な分野の方とランチをいただいてきました。

そこで出会った20代半ばの事業再生ファンド会社に勤務するという男性公認会計士

事業再生のために企業を買収し、数年かけて再生した後に売却する人たち。

そんな彼の話で興味深かったのは、

"魅力的なプロダクトを持っていても、経営状態が悪化するのは非上場の
創業社長が経営する会社であることが多い”という点。

外部からものを言う人が少ない分、重要な課題や問題の発見が遅れることが
よくあるとのこと。

不動産経営でも、毎月の稼働率や入退去状況、どんな問題が起こっているかなど、
定期的に客観視し、見直すことで更なるリターンが持たされるのかもしれないなと、
この公認会計士君と話をしながら考えていました。