いつでも Good Feeling

神戸移住、フォト、不動産鑑定士試験、不動産投資など。

 

【シェアハウスにおけるサービスの本質とは?】

シェアハウス運営を生業としている中で、
最近よく考えさせられることがあります。

「サービス」と「入居者の自立力低下の助長(という言葉が適切が分かりませんが)」の境目についてです。

共用部分を多く持つシェアハウスでの清掃やメンテナンスは、
運営会社が担うことが多く、入居者自身が浴室洗面やリビング等の
清掃をしなくてよい場合があります。

そんな状況にずっと住んでいると、生活していく上で必要な、
掃除、整理整頓に関する経験が極端に少なくなり、生活力が退化してしまうような
気がしてなりません。

もしそうだとすれば、私のような運営事業者はそれを助長してしまう役割を
になっていると言っても過言ではないと思います。

入居者が、シェアハウスを退去して1人暮らしや夫婦生活をしたとしても、
十分やっていける状態にするための体制をもっと頭を使って考え、
実現していこうと思います。

広告を非表示にする