いつでも Good Feeling

不動産鑑定士試験、不動産・建築、神戸移住、フォトなど。

 

【中古住宅市場】

とあるFP業界誌を読んでいて、近年の中古住宅市場が拡大しつつある
事象について考える機会がありました。

私自身、築20〜30年ぐらいの住宅をリフォーム・リノベーションして、
間取りを分割して貸し出すシェア住居の仕事している中で、
都心部でも多くの空室がある中古住宅がもっとうまく活用されるには
どうすればいいんだろうと思うことが多々あります。

新築で住宅を購入する場合の、住宅ローン利用や控除等をアドバイスする
情報源や専門家は沢山見かけますが、中古住宅を購入する、あるいは賃借する
場合のローンや建物自体の価値判断や維持メンテナンス等についてのフォロー
というのは、あまりされていないような気がしました。

30代後半の方のシェアハウス利用が増えている等、“住み方”が多様化している中、選択する住み方を選択するのか手段に応じた住宅の選び方とその後のライフプランをセットでサポートできる仕組みが求められるのかなと、記事を読んでいて感じました。

そんな、中古住宅市場についての話でした。