Good Feeling Note

残そう。Good feelingな瞬間を。

【失敗は駄目なこと?】

私は普段、いろいろと仕事をしていく中で、
何かミスしたり、失敗することが沢山あります。

その月の売上に関わるような大きな判断ミスもあれば、
単純な文字入力ミスまで様々。

よくよく考えると、最初から100%完璧にできる人なんて、
いないと言っても過言ではないはず。

子どもの時、自転車に補助輪なく乗れるようになるまでには、
何度も何度も転倒していたのを今でも覚えています。

それでも練習していると、バランス感覚を覚えて一人で
自転車に乗れるようになりました。

実生活を営む上で、失敗は必要不可欠なのでしょう。


でも何故か、企業の中では多くの人が上司に怒られるのを恐れ、
ミスなく間違いなく無難に仕事をこなそうとします。

失敗したらまず「すみません!」と言ってしまう。

本当は重要なことでも、
「●●さんに怒られるかもしれないから止めとこう・・・」
という発想になること、多いのではないでしょうか。

これって、小学校や中学校教育において、正解を答えられないと
×をつけられ、減点される教育を受けていることと関係が
あるのではないでしょうか。

大抵のことは、失敗したからといって命を落とすことはないです。

特に10代〜20代の若い世代が、失敗を恐れず、やりたいことに
本気で挑戦できる教育方針こそが、20年、30年先の日本経済成長を
左右することになるのではないだろうか。

そんなことを考える機会が最近多いように思います。