Good Feeling Note

残そう。Good feelingな瞬間を。

赤字企業には入りたくない?

今日立ち寄った飲食店のカウンター席にて、
隣に就職活動中らしき男子大学生2人が座りました。

どうやら面接や説明会に行ってきた模様。

数ある有名企業の社名を周りに聞こえるくらいの
大きな声で羅列し、〇〇はいい!△△はだめ!などと
話していました。

その中で、

“××会社は赤字だから絶対行きたくない!”

と話していました。

どうしてそんなに容易に「赤字=ダメ」という認識が
されるのか、とても疑問に思いました。

起業し、経営者になってみて分かったのは、
黒字化することだけでなく、利益を出すことすら、
簡単なことではありません。

そして、よっぽどの場合を除き、赤字であっても
会社が存続することは可能です。


赤字企業でも、使命感を持ってよいものを提供している
ところもあります。

せめて、

“あそこは今赤字だけど、自分が入って業績を伸ばしてやる!!”

ぐらいの情熱のある若者が増えて欲しいです。


日本は世界の中でもお金に対する教育が乏しいという
話を聞くことがあります。

貯金ばかり進める親たちの考え方に疑問を持ったりも
しました。

小さいころからお金に対する教育がされることが、
今後の日本には必要なんだろうなと思います。

飲食店で隣り合わせた学生から聞いた話で、
こんなことを感じました。