Good Feeling Note

残そう。Good feelingな瞬間を。

活きた目

私の経営する会社では、現在、中途採用活動を行っています。

営業職と技術職を募集しており、毎日数人ずつの応募者の方々と
面接をさせていただいています。

面接といっても、私の場合は面談と言った方がいいかもしれません。

ありふれた質問や表面上の質問ではなく、応募者のことを知るために、
公私に渡った本質的な「会話」をするように心がけています。

数社応募した中の一社かもしれませんが、私の判断でその方の一生を
左右し兼ねない状態です。

だからこそ、表面上の会話ではなく、相手の“本心”を引き出す
ための会話を意識しています。


そうやって一度にたくさんの方の“人生”を垣間見ることができる
ことは、私自身にとっても沢山のことを学ばせてくれます。


一人ひとり、ぞれぞれに経験や想いが違います。

多くの方が、今の生活を維持していくのに精一杯です。

維持していくための転職先を探しています。

そして何より、多くの方の目が輝いていません。


どんなにいい事を言っても、どの程度本気かは、
目を見ればだいたい分かります。


履歴書の中身が立派でなくてもいい。

立派な資格がなくてもいい。

日本語が少々おぼろげなくてもいい。


自分なりの将来像を持ち、活きた目をしている方と一緒に
世の中の問題解決をしていきたいです。

そして、そういう人たちを一人でも多く生み出していくことが、
私たちの使命であると、最近改めて感じます。