いつでも Good Feeling

不動産鑑定士試験、不動産・建築、神戸移住、フォトなど。

 

再会

初めて東京生活をする際に、
お世話になった東京大田区の小さな不動産会社さんに、
3年ぶり訪問してきました。

来年還暦迎えるご夫婦で運営されている小さな会社です。

5畳ぐらいの小さな部屋に応接スペースと、事務デスクが
あるだけのシンプルな事務所。

建物は築50年くらいは経っていそうなほど。


約3年前に、

「会社を辞めて独立することにしたので、退去します!」

と私が言ったときは、目を丸くして驚きながらも、

「がんばってね!」

と応援していただいたのを今でも覚えています。



3年ぶりに訪問して、その後の私の近況を報告すると、
とても喜んで出迎えていただきました。

社長である旦那さんを支える奥さんから、
最近の不動産事情も含めて、いろいろお話を聞きました。

近年の不況もあり、少子高齢化もあり、
大田区では高齢者が生活保護を受け、保護の範囲内での
物件を探すケースが多いようです。

生活保護を受けるために、あえて息子夫婦と別居する
高齢者も増えている様。


不動産業のお話に関わらず、私が息子さんとほぼ同じ年齢だからか、
たくさんのお話をしていただきました。

小さいながらも夫婦で足並みをそろえて会社を運営しつつ、
お互い趣味も持ち、とても来年還暦を迎える方とは思えない程、
とても若々しく、イキイキとされていました。

私も将来、こんな風に歳を取っていきたいなと思いました。

そして何より、日本全体が少子高齢化する中、
不動産(土地・建物)に始まる個人の生活スタイルや運営スタイルを
変化しなければ、どんどん廃れていく様な気がしました。

そんなことを学べた再会でした。