Good Feeling Note

残そう。Good feelingな瞬間を。

個人商店の店主になった感覚

私が会社経営をするようになって、徐々に理解し、
実践できるようになったことがあります。


「どうして家計簿をつけた方がいいのか?」

についてです。


社長であろうと、商店の店長であろうと、
給与をもらっている会社員であろうと、
お金の入りと出を毎月、毎日正確に記録し、
把握していることで、各種の活動においての
予算が組め、無駄な浪費をさけることができます。

会社や組織に属していたとしても、

“まるで個人商店の店主になった感覚”

で、日々のお金の出入りや自分の活動について、
把握し、計画を立て、徐々にレベルアップしていけると、
生活の視点が変わり、より充実した人生になると思います。

家計簿などで、個人の収支を記録・把握していない方は、
チャレンジしてみてはいかがでしょうか?(^^)