いつでも Good Feeling

不動産鑑定士試験、不動産・建築、神戸移住、フォトなど。

 

失って分かる

相変わらず怒涛の日々ですが、その中でも
多くの出会いや発見、学びを得られているように
感じます。

会社員から独立した際に、お世話になっていた起業家達
からは、よく

「本当に必要なものだけを残して、
あとは全部捨ててみるといいよ。」

と言われていました。

当時も私は、趣味や娯楽の範囲のものや、使わない
家具や服などは全て捨てるか人に譲るか売るかしました。


そうすると、

“これは必要だと思っていたけど、なくても平気だな…”

などと思えました。



最近も、不用なものを捨てたり、また逆に大切なものを
失ったりしまします。

そこで初めて、

“あの人の存在は、自分にとって大きかったんだな…”

とか、

“毎日これだけの生活ができるって、とても幸せなこと
 なんだな…”

などと、小さなことにも感謝できるように、徐々になってきました。

当たり前のことも当たり前でなくなると、その重要度に
気づけるのかもしれません。


そういえば、私が本格的に起業家の道に進もうと
思ったのは、学生時代の友人の病死がきっかけでした。

大切な人を失ってこそ、自分の人生の1日1日の大切さに
気づけたことこと。

ふと、思い出しました。