Good Feeling Note

残そう。Good feelingな瞬間を。

高知県、ワタミにCO2排出枠 169万円で売却

高知県、ワタミにCO2排出枠 169万円で売却

高知県は居酒屋大手のワタミの子会社、ワタミフードサービス
(東京・大田、桑原豊社長)と二酸化炭素(CO2)の排出量を
相殺(オフセット)するカーボンオフセットの売買契約を結んだ。

ワタミフードサービスは同県で削減された161トンのCO2を
169万円で購入。ワタミが経営する全国約600店舗の居酒屋で、
カクテルを1杯当たり1キロ分のCO2排出枠を付けて提供する。

(2010/4/7 1:32 日経Webより)


今日、目にとまったニュースの一つです。

高知県は、全都道府県に先駆けて県内でオフセット・クレジット
の認証制度を整えた県です。

私も何かと縁のある高知県ですが、排出権取引でも
どんどん動き出していますね。

何かの記事で読みましたが、今後数年以内に、
都道府県単位での排出権取引が活発になるのかも
しれません。

大企業だけでなく、自治体や中小企業、そして
ゆくゆくは個人個人がカーボンオフセット
意識せざるを得ない社会の仕組みになる様な気もします。溜息