いつでも Good Feeling

不動産鑑定士試験、神戸移住、フォトなど。

 

トップMBAが新興国で働きたい理由

今日、友人から転職や独立に踏み切れない方の
紹介を得たのもあり、こんな記事が目にとまりました、

トップMBAが新興国で働きたい理由
(newsweekjapan.jpより)

アメリカの成績優秀者は、新興国での仕事に目を
向け始めているようです。

有名大手企業への入社が、必ずしも成功ではないというのを、
学生達も感じ取っているのでしょうか。

インドや中国、ブラジルなど途上国が急成長している世界市場
をみれば、国内だけで仕事を選ぶのはもうナンセンスなのかも
しれません。



国は違えど、日本でも同じ事が言えると思います。


今後は、

「日本の」大手企業や「日本の」ベンチャー企業ではなく、
国を超えた視点で個人の生き方を考える必要があると
読めます。

大規模企業だけが海外展開する時代はとっくに
終わっているはず。

どんな状況下においても、誰かのせいにして
いやいや仕事をするより、自分の責任で
本気でやりたい仕事や生き方に挑戦してみたら
いいと思います。

そうすれば、お酒を飲みながら愚痴を言う日常も
必要なくなるはず。

そんな事を、この記事から感じました。

私ももっとグローバルな視点を持って事業に
取り組もうと思います。