読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸、そして人生を味わい尽くす

2015年に東京から神戸に移住。神戸及び兵庫県を楽しみながら自分らしく生きようとする奮闘記。

組織作りの難しさ

【97.大学時代】

約1年間、就活支援の学生有志団体の代表をしてきましたが、
常に問題や悩みが絶えません・・・(ノ_-。)あせる

問題が起こって苦労して、それでも解決するごとに成長している
実感があり、貴重で楽しい経験ができるポジションです。

ボランティアで学生支援をする組織。

会社のようにビジネスではない。
サークルの様にみんなが同じスポーツをしたりバンドを組んだり
して楽しめればいいような組織でもない。

30名近くいるメンバー全員が満足いくような、それでいて
様々な場面で少しずつでも活躍できるような組織作りって、
どうしていけばいいんだろう??

これが代表に選ばれてから今なお考えている課題です。

組織の代表として時々大きな提案をする場合がありますが、
必ず疑問視する意見や反対意見が出ます。しょぼん

ただでさえ十人十色な就職活動。
全員が賛成できるような案なんてそうないことは十分承知の
上ですが、組織としてやっていく以上、全員の意見を取り入れる
ことは不可能に近いと思う。

立場上、多くの意見を聞くように意識し、活用できるように
仕組み作りを行ってきたつもりですが、それでも課題は
なくなりません。

それでも、ビジネスではないボランティア団体だからこそ
思ったことやって失敗しておくことが、将来会社を経営する
立場になった時の肥やしになると信じて、あと1ヶ月余りを
頑張ろうと思います。

なかなか学生団体の代表なんかになれるものではなし、
前年度の先輩方や同期メンバーの推薦で引き受けた仕事。

自分色で最後までやり遂げます。

広告を非表示にする