読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸、そして人生を味わい尽くす

2015年に東京から神戸に移住。神戸及び兵庫県を楽しみながら自分らしく生きようとする奮闘記。

「見せて、感じさせる」新人教育

【97.大学時代】

これは、岡野工業代表の岡野雅行さんが、日経ビジネス06年4月24日号

の最後のページで載せていた記事のタイトル。

 CAの藤田社長の著書の影響で就職活動時期から定期購読して

 読み始めた日経ビジネス

 結構知らないことが多すぎて、ほとんど読まない週もあるけど、

 なるべくじっくり目を通すようにしている。

岡野さんの記事の最後に、


配属されてきた新人に関して、至らない点が目につくこともあるだろう。

しかし、それを指摘する前に、果たして自分が学びの対象として

ふさわしい人間かどうか考えてみよう。 そのことが先輩社員にとって、

最も効果的な研修になるかもしれない。

   (引用:日経ビジネス2006.4.24号156ページ)

という文章があった。

「へぇー!なるほどなぁ!!」

となんとなく共感できた☆

岡野さんは、新人に対しては1年間何も教えず、自分の働きぶりを見て、

岡野工業での仕事とはどういうものかを、自分自身で学び、感じ取って

もらうとのこと。

  (同記事より一部引用)

仕事はもちろん、学生のサークル活動や私生活においても、このことは

言えるのではないのかな☆

後輩に対して、口うるさく指示するのではなく、自らの姿で示す。

確かにこの方が後輩の側としても、成長の幅が大きいと思う。

この夏に、県内企業にてインターンシップOBの一員として、

新たなインターンシップ生のサポート役になることになった僕にとって、

岡野さんの記事は、大きなヒントになる気がした。

そして、就職前の自分にとって成長のチャンスだということも。