読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神戸、そして人生を味わい尽くす

2015年に東京から神戸に移住。神戸及び兵庫県を楽しみながら自分らしく生きようとする奮闘記。

【竹中半兵衛という人物に学ぶ】

現在放映中のNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」。とても興味深く観ています。 このドラマを見ていると、いつも戦略と戦術の重要さを教えられているような気がします。 主役の黒田官兵衛ほど目立っていないものの、キーパーソンである竹中半兵衛(本名:竹中重治)…

【iPadでOfficeファイル操作】

iPad上でMicrosoft Officeファイル編集する方法

【世界から見た日本、そして東京】

弊社管理物件全体の約15%ほどが外国人入居者です。 最近では、カナダ、韓国、中国、台湾、そしてマケドニアという国から来日された方に入居いただきました。 入居はせずとも内覧に来ていただける方を含めると、20数カ国ぐらいの方と会って話をしています。 …

【人に任す】

業務を人に任せること

【賃料改定】

取引先オーナーと賃料改定の打ち合わせをしてきました。 稼働率が大きく下がった物件に対して、賃料設定を見直すことは重要な改善策の一つ。 とは言え、市場の変化に応じて競争力を持つ賃料を設定するのはなかなか難しいです。これも経験の積み重ねです。

【国交省、賃貸契約に新方式】

賃貸借契約でもDIYを容易に行えるようになる? 借りた家を私好みに改修 国交省、賃貸契約に新方式 :日本経済新聞 上記、本日の日経新聞の記事。 国土交通省は個人が住宅を貸し借りしやすくする新たな仕組みを導入する。入居者がキッチンなどの設備や内装を…

【3月10日 東京大空襲から69年】

東京大空襲 凄惨な現場を写し、GHQから守りぬいた男 1945年の3月10日には、東京中心部で莫大な数の犠牲者を出した東京大空襲の日。 そんな悲惨な時の記録を守り抜いた男のエピソード記事。 歴史を知ること。それはすなわち未来を描く力になるような気がしま…

【時間管理 -何にどのくらいの時間を使うか?-】

Time is money. 何に時間を使うかによってリターンは大きく違う。 これは私にとって大きなテーマです。 創業者の時間 – Hiro Maeda 上記の記事で、著者が“時間を記録し、分析すること”と書いていたので、早速時間管理アプリを探してみました。意外とたくさん…

【使ってよかったツール 「Cardful」(カードフル)】

名刺をデータ化して整理する。名刺管理アプリ「Cardful」(カードフル) 最近使い始めた名刺管理アプリが「Cardful」というiPhone,iPadアプリです。 いただいた名刺をiPadで写真撮影すると、自動的に名前や住所、連絡先情報を読み取ってくれます。 時々正確…

【女性向け・東横線沿線限定 賃貸物件サイト「なないろコバコ」】

先日、賃貸情報サイト「なないろコバコ」を運営する友人のオフィスを訪問してきました。このサイトがとても興味深いなと思ったのでご紹介。

【自分自身と向き合うこと】

FMラジオJ-WAVEを聴きながら仕事していました。 たまたま中村俊輔選手のインタビューがあり、自分自身と何度も向き合い、それぞれの試合のために入念に準備を怠らない姿勢に色々と学べるところがありました。 どこかの誰かとか、どこの会社と比べるのではく…

【業務から垣間見る20~30代世代のライフスタイル】

シェアハウス運営をしていて感じること。

【八十八カ所巡り、始めました】

四国に帰省した時には、八十八カ所巡りをすることにしました。

【京都、香川、徳島へ】

一週間、東京を不在にして京都、香川、徳島に行って来ました。

【需要と供給のマッチング】

賃貸シェアハウスの管理を行っていると、空室が出ても数日の空室期間のみですぐに満室にできる物件と、数か月経っても入居が決まらない物件があります。 空室率の高い物件は、あの手この手の対策を考えて実施しますが、それでも埋まらない物件はもはや競争力…

【シリアルアントレプレナーという生き方】

次々とエグジットを繰りかえし、「自分のやりたいこと」に邁進する柴田陽氏の記事に学ぶ。

【住んで良かった!の一言に】

嬉しかった一言。

【スシローに学ぶ -現場のオペレーションとシステムの融合事例-】

回転寿司の「スシロー」に学ぶIT活用事例

【日々の出来事は全てネタ】

とある方の人生相談受けて聞き役になっていました。 日々の満員電車通勤 会社内での人間関係や利害関係 自分の身の回りのタスク(家事、家族の面倒を見るなど) そんな日々の“やらなきゃいけないこと”が嫌になったとの事。 こういう事って、大なり小なり多く…

【建築規制と不動産活用】

不動産活用における実態と規制の壁について

【教育視点で考える駐輪マナー】

都内の管理物件をまわる時は、よく自転車(クロスバイク)を活用しています。 今日も都内を移動していた時に前を走っていたのは、小さな子どもを乗せた30代くらいの母親と思われる女性。 地下鉄の出入り口前の歩道脇で自転車を降り、そこに駐輪し、平気な顔で…

【今年の目標 -東南アジア渡航-】

先日、知人の社長と会食に行った際に、ちょっとしたことから東南アジアビジネスの話になりました。 私は予ねてより東南アジアをフィールドに事業展開することを目標にしていることもあり、とても刺激のある話ができました。 なかなか海外へ足を運べていませ…

【家賃が高くないか見極める】

部屋が埋まらない原因のほとんどは・・・

【精神力の強さの裏には・・・】

挫折から這い上がる精神力 小学校から大学卒業までサッカーチームに所属していた私にとって、イタリアのACミランに移籍し、背番号10番をつけたと思えば早速活躍してる日本代表の本田選手の活躍は“すごい”の一言で、彼の精神力の強さは相当なものなんだろうな…

【何を大切にするか?】

色々な社会的要因から、シェアハウスというものが認知されだしてきた様に感じます(まだまだ首都圏が中心ですが) そんな市場の動きも相まって、・・・

【組織づくりと人材育成】

都知事選の立候補者の顔ぶれから 東京都知事選に出馬を表明している顔ぶれについてのニュースを耳にします。各人の想いや政策は別にして、どうしてご年配の方ばかりなんだろうと思ってしまいます。年齢や経験、資産を十分に積んだなら、"我こそは!”ではなく…

【内覧対応にて】

本日は内覧対応尽くしの1日にでした。 その中でも、物件内の説明だけでなく、内覧に来られた方の引っ越しの事情からお仕事の状況、今後どんな生活を送りたいかまで、多岐に渡って話を聴くようにしています。 その会話の中から人間性や性格、癖などを引き出し…

【勝つための5つの法則】

“孫子曰く 勝を知るに五有り。此の五者は勝を知るの道なり。” 力を入れる時とそうでない時、大企業と中小企業の違い、上下の意思疎通、事前の段取りや仕掛け、現場への過剰介入を避けることを知っていれば勝てる。 「小さな会社こそが勝ち続ける孫子の兵法 …

【体制と採用を考える】

最近、また一段と業務量が増えた気がします。 今年に入ってからも、不動産オーナー様より数件のシェアハウス転用のご相談や、同業の運営会社様より一部業務の委託相談を受けています。 資金繰りをクリアできるとなった時点で、運営管理マネージャーポジショ…

【Windows タブレット】

約半年ぐらい前から10.1インチのWindowsタブレットPCを使うようになりました。 それまでは外出時もノートPCを持ち歩いていましたが、1.5kgぐらいあるため重くてしょうがなかったです。 タブレットPCであれば、付属キーボードを含めても約1kgほど。軽いです。…

【Skypeの活用】

弊社では、地方在住者や海外在住者から現地内覧をせずに直接入居申込をされる方に対して、

【コンタクトセンター部門の仕組み化】

本日の東京の最高気温は11℃あったとのことですが、体感温度としてはそれ以下の気温で、とても寒い一日でした。 そんな中、年始の間にいただいていた多くの入居問い合わせメールの対応と現地内覧対応にあくせくしていました。 ここ最近の経営課題の一つである…

【今年の目標を考える】

本日は、年明け後の各管理物件の巡回に行ってきました。 5物件中4物件では、弊社がごみ当番表を毎月作成して張り出しているため、

【小さな習慣】

備忘録として。 今年の抱負や目標を確実に達成するための「小さな習慣」トレーニング : ライフハッカー[日本版] こちらの記事中より。 したがって、フルスピードで行こうとするとどうなると思いますか? コースターのトラックをゆっくりとてっぺんまで上る…

【目標の定点観測 -2014年を迎えて- 】

あっと言う間に2014年を迎えました。 今年の元旦は早朝5時の明治神宮参拝と、2度目の映画「永遠のゼロ」で始まりました。 映画の中で主人公が、「あなたは、もし戦争が終わったらどんな生き方をしたいですか?」と問いかけるシーンがあります。 元旦という事…

【2013年を振り返って】

世間は年末ムード一色ですが、私は相変わらず業務タスクをこなしている状態です。昨年の年末より更に年末の業務量が増えているように感じます。管理物件数が増えているから当然なのかもしれませんが・・・。 思えば2年前の今頃は、通信会社で派遣社員をしな…

【仕組みづくり】

気づけば年の瀬も差し迫る時期になっています。 そんな中、今年最後の週末ですが入退去対応が入ったり、入居者さんからの生活相談に乗ったりと定常業務をこなしつつ、年明けからの新規プロジェクトの準備と計画書を書いています。 今現在の足元をしっかり把…

【歴史に学ぶ】

‟愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。” 初代ドイツ帝国宰相オットー・フィン・ビスマルクの言葉 最近グッときた言葉です。 経営に当てはめるとしたら、例えば自分のこれまでの業務経験だけでなく社内スタッフやパートナースタッフの対応履歴や、何が原因で…

【便利な時代だからこそITリテラシー】

先日、私の自宅にて妻と共用で使っているノートPCが、急にパフォーマンスが落ちたと感じたことがありました。 共用で使っていると言っても、それぞれログインユーザを作ってアプリケーションの管理を分けています。 おかしいなと思って妻に確認すると、「動…

【ブランディング】

"自分のブランディングとは?” このテーマは起業した4年前から意識する様になりました。 "自分の(または自社の)強みは何か?" "何を目指すのか?" "どんな働き方、生き方をしたいのか?" そんな、人生のスタート地点を定義付ける役割を果たすのがブランド…

【中長期的な計画から逆算する】

事業活動を行っていると、日々問題や課題、新しい出会いに直面します。 判断に迷う事も正直あります。 そんな時に、直近の事情や目先の利益だけで判断してしまい、後で苦労したことも数知れず。。。 10年後、20年後に事業がどうなっていたいか? どんな組織…

【人間関係力】

どんな仕事でも共通していると思いますが、人間関係において同じことを言っていても、相手が気持ちよく答えてくれる場合と、怒らせたり悲しませたりする場合があるなあと、改めて感じました。 賃貸経営(特にシェア住居)は、入居者さんの生活そのものに関わ…

【2度あることを3度にするか、3度目の正直にするか】

とある先輩不動産事業者と話をしている時に教わった事。 ‟2度あることは3度ある” ‟3度目の正直” この2つのことわざはを並べてみると、一見、矛盾している様に思えます。 それでも、古来から現代まで語り継がれているという事は、どちらも十分理に適っている…

【一輪のポインセチア】

管理物件に巡回した時に、リビングにポインセチアが飾られていました。 おそらく入居者さんの誰かが好意で飾ってくれてたもの。 こういう花一つでも物件内の雰囲気を察することができます。 シェアハウス運営において肝となる"コミュニティづくり”。 試行錯…

【業務効率化のためにIT化を図る ~Backlogというツール~】

不動産管理の業務はどうしてもアナログな要素が多く、2度3度と同じ情報を手入力しなければいけない事も多々あります。 IT業界での仕事を経験した私としては、それは何とかしたい課題の一つ。 本日、Webシステム関連の専門家と打ち合わせをしていた時に教えて…

【代表者としての覚悟】

今日は、国政にて、みんなの党から複数名の離党者が出たというニュースから、色々と思うところがあり、自分に当てはめてみたらどうかなと考えてみました。 政治とビジネスではまた違った世界なのかもしれませんが私自身は、会社を設立し、創業した当事者とし…

【賃貸経営マイスター】

最近、ちょくちょくお世話になっている1冊です。賃貸経営マイスター/住宅新報社 ¥5,250 Amazon.co.jp賃貸経営(特にシェア住居経営)は日々新たな問題が発生し、その度に解決策を 調査・検討し、対応することになります。いい具合に毎日鍛えられております…

【滞納賃料回収から学んだこと】

少し前になりますが、弊社の管理物件にて3ヶ月の家賃を滞納した上、 部屋の荷物を一部残して夜逃げをし、行方が分からなくなっていた 20代女性から、未納分を全額回収することに成功しました。シェア住居では基本的に家賃保証会社のサービスを利用しておらず…

【ゴール地点だけでなく、スタート地点も設定する】

本日お会いしてお話を聞かせていただいた方の言葉。“ゴール地点(夢、目標、目的)を決める人はたくさんいるが、 スタート地点を設定しない人が多い。 肩書きではなく、自分のブランドを 持った時こそが、スタート地点である。”一般的な肩書きや職業名ではな…

【目的地を決めることから】

“何かに悩み続けるということは、 人生におけるカーナビの目標地点を設定せずに、道に迷っているようなものだ”とある方の言葉。目先の目標だけでなく、人生を通じて自分がどうなりたいのかが明確で あればあるほど、困難な事があっても“悩む”という事はない…