いつでも Good Feeling

不動産鑑定士試験、不動産・建築、神戸移住、フォトなど。

 

今日の1枚 ~神戸市立東灘図書館~

f:id:hiroshiystory:20170309220757p:plain

Photo by Nicon COOLPIX S6300

 

恥ずかしながら、神戸市東灘区に移住してきて2年弱あまり一度も足を運んだことがなかった東灘図書館へ、初めて行ってきました。

建物もあたらしくて、キレイ。

駅からも近く、アクセスもいいです。(JR・六甲ライナー住吉駅阪神電車魚住駅から徒歩で行けます)

 

勉強スペースも沢山あり、中高生達に交じって試験勉強してきました。

 

この図書館のある周辺は、住吉川側沿いに魅力的なスポットが多々あるので、またこのブログでも写真をアップしていきます。

 

図書館、区役所、JR住吉駅などなど、このあたりはとても利便性がよく、さらに公園や学校もあり、住みやすそうです。

このあたりの築10年ぐらいの中古マンションを購入して、自分たちならではの内装にリフォームして住みたいな~と、妻と話しておりました。

 

本当に神戸に来てよかったなと思う今日この頃です。

 

--今日もすべてのことに感謝です。

士業事務所だからこそのマーケティング部門

ブログの更新がしばらく滞ってしまっておりました。。。

日常業務量が増えている中で、不動産鑑定士試験勉強を実行するといういうのは、いい意味で鍛えられます。

 

私は本業でセールス・マーケティング部門の仕事をしているのですが、士業の世界も競合他社が多く、レッドオーシャンになっているサービスが多くあると感じています。

 

技術の進歩が速いインターネット分野と比べると、同じサービス内容で何年、何十年も食えてしまう世界。

 

それでも時代は動き、単なる「作業の請負屋さん」では将来性はないと思います。

 

どんな会社規模でも常にアンテナを張り、どんな商品、サービスが求められているのかを感じ取り、商品開発を行っていく必要があるんじゃないかと思います。

 

不動産鑑定士試験勉強をしながら、“自分の役割は、専門家のために商品開発~宣伝・販売・営業の仕組みを作ることなんだろうな・・・”と思うようになりました。

 

そのためにも、専門知識をつけることは必要ということで、勉強します。

 

↓最近読んで、とても興味深かった1冊。マーケティング戦略アドバイザーの永井孝尚氏の著書。身近な事例を用いた解説がおもしろかったです。

 

f:id:hiroshiystory:20170309112950p:plain

 

 

 

--今日もすべてのことに感謝です。

いよいよ3月に

f:id:hiroshiystory:20170301203416p:plain

 

3月に入ってもまだ朝夕は寒いです。。。

今日も夜にカフェで1時間半ほど鑑定理論の勉強。

毎年頻出している基準の総論第2章、第5章、第7章、各論第1章に集中して問題を解くようにしています。

一歩一歩です。

f:id:hiroshiystory:20170301203830j:plain

 

--今日もすべてのことに感謝です♪